京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻
海洋生物生産利用学分野

海からの贈り物 
−海洋生物資源を未来につなぐ−

海洋生物が秘めている様々な機能性物質を明らかにし,私たちの健康維持や生活向上に活用する等、海洋生物資源を有効に利用するための研究や技術開発に世界中の注目が集まっている。私たちは、抗アレルギー、抗肥満、美肌維持等、海洋生物が有する様々な成分の新しい機能の解明や利用法、製品化について、国内外の研究機関と共同して研究を展開している。
また、海洋生物の生存戦略の解明とそれらを利用した新たな食品学、利用学の構築を目指している。



NEWS


2016/7/14-16
第11回スフィンゴテラピィ研究会(金沢)にて研究発表 「緑藻由来カロテノイドはスフィンゴ脂質代謝の変動を介してますと細胞の脱顆粒反応を抑制する」 〇真鍋祐樹

2016/6/25
33回日本微量栄養素学会学術集会(京都)にて研究発表
「イカ由来セラミドアミノエチルホスホン酸の消化と吸収の評価」
〇友永奈美、都築 毅、真鍋祐樹、菅原達也
「乳酸菌脂肪酸代謝物10-oxo-11E-181による生体内酸化ストレス防御機構の活性化」
古元秀洋、久米利明、朴 時範、北村苗穂子、岸野重信、小川 順、平田 孝、〇菅原達也
友永さんが優秀発表賞を受賞しました!

2016/5/25
13回京都コモンズ会員セミナーにてサイエンス講演
「海洋生物由来機能物質とヘルスケア」 菅原達也

2016/5/13-15
70回日本栄養・食糧学会大会(武庫川女子大)にて研究発表
UVA照射ヘアレスマウスを用いたアスタキサンチンの光老化抑制作用の評価
〇小松俊之、佐々木克、真鍋祐樹、斎藤仁美、菅原達也
緑藻由来カロテノイドの抗炎症作用の評価
〇真鍋祐樹、平田 孝、菅原達也
シフォナキサンチンの肝細胞における脂質合成抑制作用とそのメカニズム
〇鄭 家聞、李 卓思、真鍋祐樹、菅原達也
機能性食品素材としての活用を目指した
セラミドアミノエチルホスホン酸の
消化と吸収の評価
〇友永奈美、都築 毅、真鍋祐樹、菅原達也
シンポジウムSY12「脂質素材の新たな展開」
食品セラミド素材としてのスフィンゴ脂質の有用性 -皮膚に対する効果-
菅原達也 

2016/5/1-4
107th AOCS Annual Meeting & Expo (Salt Lake City, Utah, USA)にて研究発表
Characterization of intestinal digestion of Ceramide 2-aminoethylphosphonate, a Marine Sphingolipid
N. Tomonaga, D. Qi, Y. Manabe, T. Sugawara
Hypolipidemic Effect of Gut Microbial Fatty Acid Metabolites in Hepatocytes 
T. Nanthirudjanar, H. Furumoto, J. Zheng, Y.I. Kim, T. Goto, N. Takahashi, T. Kawada, S.B. Park, A. Hirata, N. Kitamura, S. Kishino, J. Ogawa, T. Hirata, T. Sugawara
A Gut Microbial Fatty Acid Metabolite, 10-Oxo-trans-11-Octadecenoic Acid, is Cytoprotective against Oxidative Stress
H. Furumoto, T. Nanthirudjanar, T. Kume, Y. Izumi, S.B. Park, N. Kitamura, S. Kishino, J. Ogawa, T. Hirata, T. Sugawara


2016/3/27-30
日本農芸化学会2016年度大会(札幌)にて研究発表
「海産物由来スフィンゴ脂質セラミドアミノエチルホスホン酸の消化」
〇友永奈美、真鍋祐樹、菅原達也
「アスタキサンチンの経口摂取による光老化抑制作用とそのメカニズムの解明」
〇小松俊之、佐々木克、真鍋祐樹、斎藤仁美、菅原達也
「様々な年代の日本食に含まれる成分の一斉分析」
〇坂本有宇、菅原達也、木村和彦、都築 毅 
「腸内細菌脂肪酸代謝物10-hydroxy-cis-12-octadecenoic acid (HYA)による腸管ホルモン分泌系を介した代謝改善機能評価」
〇宮本潤基、長谷川 沙恵、粕渕真由、岸野重信、米島靖記、菅原 達也、小川 順、木村 郁夫
トピックス賞受賞!(広島大、東京農工大、京大発酵生理及び醸造学分野、日東薬品との共同研究です)

2016/3/27-29
平成28年度日本水産学会春季大会(東京)にて研究発表 「緑藻由来カロテノイドがマクロファージの炎症性応答に与える影響の評価」 〇真鍋祐樹、平田孝、菅原達也

2016/3/23

卒業式が行われました。
岡本和晃さん、西尾安都佐さん おめでとうございます。
2名とも進学です。これからも頑張ってください。

2016/3/23
修了式が行われました。
瀧井靖歩さん、丁野綾水さん、中山千華さん、鄭家聞さん
おめでとうございます。鄭さんは進学、他3名は社会へ羽ばたきます。
皆さん、頑張って下さい。

2016/2/12
古元君の論文がToxicology and Applied Pharmacologyにアクセプトされました。
10-Oxo-trans-11-octadecenoic acid generated from linoleic acid by a gut lactic acid bacterium Lactobacillus plantarum is cytoprotective against oxidative stress

2016/2/10
平成26年度課題研究発表
「醤油粕由来セラミドの吸収の評価」 岡本和晃
「海洋性カロテノイドの化学的処理による機能性の強化」 西尾安都佐

2016/2/8 
平成27年度修士学位論文講演
「終末糖化産物が引き起こす炎症反応に対する緑藻シフォナキサンチンの抑制効果」 瀧井靖歩
「小腸上皮モデルを用いたスフィンゴ脂質の吸収機構の解明」 丁野綾水
「皮膚の紫外線障害に与える緑藻カロテノイドの影響」 中山千華
「シフォナキサンチンの肝臓脂質合成抑制作用とそのメカニズム」 Zheng Jiawen

2016/1/14 
古元君の博士論文申請講演が無事おこわなわれました。
Studies on nutraceutical properties of modified fatty acids by autoxidation and lactic acid bacterial metabolism

2016/1/6
海洋利用研究室の公式facebookページを開設しました。【海洋利用FBページ】
研究室の今を発信していこうと思います。

2015/12/22
古元君の論文がJournal of Oleo Scienceにアクセプトされました。
Dietary effects of oxidized eicosapentaenoic acid (EPA) and intact EPA on hepatic steatosis induced by a high-sucrose diet and liver-X-receptor α agonist in mice
Hidehiro Furumoto, Tharnath Nanthirudjanar, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

2015/12/21
微量栄養素研究にレビュー掲載されました。
「皮膚に対する作用に注目した食品機能成分の評価」
菅原達也

2015/12/18
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2015(ハワイ)にて研究発表
Evaluation of biological activities of marine carotenoids for nutraceuticals
Tatsuya Sugawara
Carotenoid from green algae effectively suppresses mast cell degranulation via an alteration of cellular sphingomyelin metabolism
Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

2015/12/13
平成27年度日本水産学会近畿支部後期例会(京都)にて研究発表
「皮膚の紫外線障害に与える緑藻カロテノイドの影響」
〇中山千華、真鍋祐樹、菅原達也
AGEsに対する細胞の応答に及ぼす緑藻カロテノイドの影響」
〇瀧井靖歩、真鍋祐樹、菅原達也

M2中山さんが優秀発表賞を受賞しました!

2015/11/28
第5回リン化合物討論会(京都)にて研究発表
「食品成分としてのセラミドアミノエチルホスホン酸の消化と吸収」
○友永奈美、戚 丹、都築 毅、真鍋祐樹、菅原達也


2015/11/18
一般財団法人 生産開発科学研究所奨励金に採択されました。
「食用緑藻に由来するカロテノイドの生体内代謝の解明」


2015/10/10
54回日本栄養・食糧学会 近畿支部大会(神戸)にて研究発表
「重水素標識スフィンゴシンを用いた小腸上皮細胞におけるスフィンゴ脂質の吸収と代謝の評価」
○丁野綾水、真鍋祐樹、菅原達也
「スフィンゴ脂質のグルカゴン様ペプチド-1GLP-1)分泌促進作用」
○旗野 翠、真鍋祐樹、大日向耕作、菅原達也

2015/9/24
平成27年度日本水産学会秋季大会(仙台)にて研究発表
「緑藻由来カロテノイドの抗肥満作用」
卓思、平田 孝、真鍋祐樹、菅原達也
「スフィンゴ脂質代謝変動を介したシフォナキサンチンの脱顆粒抑制作用」
○真鍋祐樹、平田 孝、菅原達也

2015/9/18
11回アスタキサンチンチン研究会(京都)にて研究発表
UVA照射ヘアレスマウスに対する食餌性アスタキサンチンの光老化抑制作用」
○小松俊之、佐々木 克、真鍋祐樹、斎藤仁美、菅原達也

2015/9/8-10
日本油化学会 54回年会(名古屋)にて研究発表
AGEsに対する細胞の応答に及ぼす緑藻シフォナキサンチンの影響」
瀧井靖歩、○真鍋祐樹、菅原達也
UVA 照射ヘアレスマウスにおける食餌性アスタキサンチンの光老化抑制作用」
○小松俊之、佐々木 克、真鍋祐樹、斎藤仁美、菅原達也

2015/9/5
29回カロテノイド研究談話会にて招待講演
「緑藻シフォナキサンチンの新規食品機能性」
菅原達也

2015/8/31
ターナットさんの論文がLipidsにアクセプトされました。
Gut microbial fatty acid metabolites reduce triacylglycerol levels in hepatocytes
Tharnath Nanthirudjanar, Hidehiro Furumoto, Jiawen Zheng, Young-I1 Kim, Tsuyoshi Goto, Nobuyuki Takahashi, Teruo Kawada, Si-Bum Park, Akiko Hirata, Nahoko Kitamura, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Takashi Hirata and Tatsuya Sugawara

2015/8/27-29

日本食品科学工学会 第62回大会(京都)にて研究発表
「シフォナキサンチンによる脂質代謝障害の改善効果」
○鄭家聞、李卓思、真鍋祐樹、菅原達也
「海産物由来スフィンゴ脂質セラミドアミノエチルホスホン酸の消化特性」
○友永奈美、戚丹、真鍋祐樹、菅原達也
「スフィンゴ脂質のグルカゴン様ペプチド-1 (GLP-1) 分泌促進作用」
○旗野翠、若山智慧、長谷川詩歩、大日向耕作、菅原達也

若手の会にて、D2友永さんが優秀ポスター企業賞を受賞しました!

シンポジウムにて講演
「食品成分による肥満細胞脱顆粒反応の制御」菅原達也


2015/6/16-18
10回スフィンゴテラピー研究会(加賀)にて研究発表
Effect of dietary sphingolipids on skin barrier function
Tatsuya Sugawara, Yuki Manabe, Ayami Chono, Tsuyoshi Tsuduki

Digestion of ceramide 2-aminoethylphoshonate by murine intestinal mucosa
Nami Tomonaga, Dan Qi, Yuki Manabe, Tatsuya Sugawara


2015/6/9
一般財団法人東和食品研究振興会の平成27年度学術奨励金に採択されました。
「水産物カロテノイドの消化管吸収機構の解明」 真鍋祐樹

2015/5/30
32回日本微量栄養素学会学術集会(京都)にて特別講演
「皮膚に対する作用に注目した食品機能性成分の評価」 菅原達也

2015/5/22-23

2回京都大学−ボルドー大学共催シンポジウムにて講演
Tatsuya Sugawara, Novel functions of carotenoids from marine organisms for nutraceuticals

2015/5/14-17 
12th Asian Congress of Nutrition (Yokohama)


Luncheon Seminar Functional Components in Foods”
Tatsuya Sugawara  “Ceramide Related Ingredients from Plants as Functional Food Components”

 Symposium  “Lipid Mediators and Food Bioactives”
Tatsuya Sugawara  “Dietary sphingolipids in skin barrier function”

 Oral Sesssion   古元君がYoung Investigator Award を受賞しました!
Hidehiro Furumoto, Tharnath Nanthirudjanar, Kume Toshiaki, Si-Bum Park, Nahoko Kitamura, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara  “The effect of hydroxy and oxo fatty acids generated by Lactobacillus plantarum on oxidative Stress”
Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara  “Siphonaxanthin, a marine carotenoid from green algae, attenuates mast cell degranulation by regulating sphingolipid metabolism”

Poster Session
Jiawen Zheng, Zhuosi Li, Yuki Manabe, Tatsuya Sugawara  “Functional characterization of siphonaxanthin on lipid metabolism”
Nami Tomonaga, Dan Qi, Yuki Manabe, Tatsuya Sugawara  “Intestinal digestion of ceramide 2-aminoethylphosphonate, a marine sphingolipid from squid”
Toshiyuki Komatsu, Suguru Sasaki, Yuki Manabe, Hitomi Sato, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara  “Effect of dietary astaxanthin on UVA-induced skin photoaging in hairless mice”


2015/3/30
平成27年度日本水産学会春季大会(東京)にて研究発表
「培養細胞モデルを用いた緑藻由来カロテノイドの抗炎症作用の評価」
○真鍋祐樹、平田孝、菅原達也

2015/3/27-28
日本農芸化学会
2015年度大会(岡山)にて研究発表
「乳酸菌Lactobacillus plantarumの脂肪酸代謝物による酸化ストレス防御機構の活性化」
○古元秀洋, Tharnath Nanthirudjanar, 久米利明, 朴時範, 北村苗穂子, 岸野重信, 小川順, 平田孝, 菅原達也
「ヘアレスマウスにおいてアスタキサンチンの経口摂取はUVAに誘導される皮膚光老化を抑制する」佐々木克,小松俊之, 真鍋祐樹, 斎藤仁美,平田孝,○菅原達也

2015/2/13
平成26年度課題研究発表が無事終了しました。
「アスタキサンチン摂取による光老化抑制のメカニズム解明」小松俊之
「ヒアルロン酸経口摂取が光老化モデルマウス皮膚の遺伝子発現に及ぼす影響」 柴田真衣
「スフィンゴ脂質のグルカゴン様ペプチド
-1(GLP-1)分泌促進作用」 旗野 翠
「筋管細胞における糖取り込み能の評価法の検討」 眞野 僚 

2015/2/10
平成26年度修士学位論文講演が無事終了しました。
「スフィンゴミエリン摂取が血中スフィンゴ脂質組成に与える影響」 世古卓也
「サルコペニアの予防と改善を目指した抗筋萎縮成分の探索」 藤谷直輝
「加工処理による海洋性カロテノイドの機能性の強化」 藤森 諒

2015/1/23
5回学際的脂質創生研究部会講演会(京都大学)にて講演
「スフィンゴ脂質の食品機能」
菅原達也

2015/1/16
李さんの博士論文申請講演が無事おこわなわれました。
Studies on the molecular mechanisms underlying the anti-obesity effect
of green algal siphonaxanthin


2014/12/14
12回日本機能性食品医用学会総会シンポジウム(京都国際会館)にてランチョンセミナー
「植物グルコシルセラミドの食品機能性」
菅原達也

2014/12/4
李さんの論文がJournal of Nutritionにアクセプトされました
The green algal carotenoid siphonaxanthin inhibits adipogenesis in 3T3-L1 preadipocytes and the accumulation of lipids in white adipose tissue of KK-Ay mice
Zhuo-Si Li, Kenji Noda,Eriko Fujita,Yuki Manabe,Takashi Hirata and Tatsuya Sugawara

2014/11/22
平成26年度日本水産学会近畿支部例会(京都大)にて研究発表
「ユニークな作用メカニズムによる海洋生物カロテノイドのマスト細胞活性化抑制作用」
真鍋祐樹・平田 孝・菅原達也
真鍋先生が優秀発表賞を受賞!


2014/10/30-31

7回セラミド研究会学術集会にて研究発表
「スフィンゴミエリンの代謝変動を介したマスト細胞の脱顆粒反応の抑制」
真鍋祐樹・平田孝・菅原達也

2014/10/26

53回日本栄養・食糧学会近畿支部大会(京都府大)にて研究発表
AGEs受容体を介した細胞の応答に及ぼすカロテノイドの影響」
瀧井靖歩,真鍋祐樹,菅原達也

1-デオキシノジリマイシンはC2C12筋管細胞においてTNF-αによるタンパク質合成能低下を改善する」

藤谷直輝,羽鳥由信,真鍋祐樹,平田孝,菅原達也
藤谷君が若手研究者奨励賞を受賞!!

2014/10/14-17

the 7th International Conference and Exhibition on Nutraceuticals and Functional Food
(イスタンブール)にて研究発表

Siphonaxanthin inhibits mast cell degranulation through a stimulation of sphingomyelin synthesis
Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

Anti-obesity effect of siphonaxanthin, a green algal carotenoid
Zhuosi Li, Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

Dietary astaxanthin prevents UVA-induced skin photo aging in hairless mice
Suguru Sasaki, Toshiyuki Komatsu, Yuki Manabe, Hitomi Sato, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

2014/10/9

日本油化学会第53回年会発表でD2 古元君が学生奨励賞、
真鍋先生がヤングフェロー賞のダブル受賞!!!


2014/9/18
富士フイルム(株)との共同研究成果がプレスリリースされました。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0914.html

2014/9/9-11
日本油化学会第53回年会(札幌)にて研究発表
「乳酸菌Lactobacillus plantarumによる長鎖不飽和脂肪酸代謝物のHepG2細胞における酸化ストレス応答に与える影響」
古元秀洋, Tharnath Nanthirudjanar, 久米利明, 朴時範, 岸野重信, 小川順, 平田孝, 菅原達也

「食餌誘発性肥満モデルマウスの脂質代謝に及ぼす緑藻ミル摂取の影響」
卓思, 平田 , 菅原達也

「スフィンゴミエリンの合成促進を介した緑藻由来シフォナキサンチンの脱顆粒抑制作用」
真鍋祐樹, 平田 , 菅原達也

2014/9/8-10
1st Asian Conference on Oleo Science(札幌)にて研究発表
The effect of hydroxy and oxo fatty acids generated by Lactobacillus plantarum on oxidative stress in HepG2 cells.
Hidehiro Furumoto, Tharnath Nanthirudjanar, Toshiaki Kume, Si-Bum Park, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

Siphonaxanthin, a green algal carotenoid, inhibits adipogenesis in 3T3-L1 preadipocytes and accumulation of lipids in white adipose tissue of KK-Ay mice
Zhuosi Li, Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

Siphonaxanthin, a marine carotenoid from green algae, suppresses mast cell degranulation via an alteration of sphingomyelin metabolism
Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

2014/8/28-30
日本食品科学工学会第61回大会(福岡)にて研究発表
TNF- αによる筋タンパク質合成抑制に対する 1-デオキシノジリマイシンの改善作用」
○藤谷直輝,羽鳥由信,平田 孝,菅原達也
「アスタキサンチンの経口摂取による皮膚の光老化抑制効果」
佐々木 克,斎藤仁美,小松俊之,真鍋祐樹,平田 孝,○菅原達也
UVA 照射へアレスマウスを用いた食餌性低分子化ヒアルロン酸の光老化抑制作用の評価」
敬棠,柴田真衣,羽鳥由信,○真鍋祐樹,菅原達也

2014/8/4
秘書の野さんが新たにメンバーに加わりました。
これからよろしくお願いします。

2014/7/28
秘書の宮本さんが退職されました。大変お世話になりました。
赤ちゃんを連れて遊びに来てください。待ってます!

2014/7/4
平成26年度第1回「メディショナルナノテク研究会」(京都)にて講演
「マリンバイオ素材の有効利用を目指した機能性研究」
菅原達也

2014/6/20
一般財団法人東和食品研究振興会の平成26年度学術奨励金に採択されました。
「食品加工処理によるカロテノイドの食品機能の強化」
菅原達也


2014/5/30-6/1
第68回日本栄養・食糧学会大会(酪農学園大学)にて研究発表
「緑藻由来シフォナキサンチンの脂肪蓄積抑制作用」
○李 卓思、平田 孝、菅原達也
「小腸上皮細胞におけるPDIA3を介したスフィンゴシンの選択的吸収機構」
○丁野綾水、藤井愛生、間 和彦、平田 孝、菅原達也
「EPA酸化物の脂質代謝に与える影響」
○古元 秀洋、Tharnath Nanthirudjanar、平田 孝、菅原達也

2014/5/27
食品ニューテクノロジー研究会(東京)にて講演
「植物グルコシルセラミドの食品機能性」
菅原達也

2014/5/22
(社)海洋環境創生機構主催 第1回MECマッチングフォーラム2014(東京)にて講演
「藻類由来成分の機能性評価と機構解明」
菅原達也

2014/4/11
シフォナキサンチンの総説がMarine Drugsにアクセプトされました。
「Siphonaxanthin, a Green Algal Carotenoid, As a Novel Functional Compound」
Tatsuya Sugawara, Ponesakki Ganesan, Zhuosi Li, Yuki Manabe, Takashi Hirata

2014/4/11
一般財団法人旗影会の2014年度研究助成に採択されました。
「EPA酸化物の肝臓脂質合成の抑制作用」
菅原達也


2014/3/28-30
日本農芸化学会2014年度大会(東京)
研究発表
「薬剤誘発耳介浮腫モデルマウスにおける低分子化ヒアルロン酸経口摂取の影響」
○周 敬棠、羽鳥由信、真鍋祐樹、菅原達也
「TNF-αによる筋タンパク質合成抑制に対する1-デオキシノジリマイシンの改善作用」
○藤谷直輝、羽鳥由信、平田 孝、菅原達也
「スフィンゴミエリンの蓄積を介したシフォナキサンチンの脱顆粒抑制作用」
○真鍋祐樹、平田 孝、菅原達也
「炭素安定同位体比を用いた食餌性グルコシルセラミドの皮膚セラミド生合成へ寄与の推定」
○原口浩幸、山田桂大、宮下留美子、間 和彦、大西正男、木下幹朗、菅原達也、吉田尚弘

大会シンポジウム【スフィンゴ脂質研究の新展開 ―食品から医薬まで―】
「食品成分としてのスフィンゴ脂質の評価」
菅原達也


2014/3/25
卒業式が行われました。
周 敬棠さん、瀧井靖歩さん、丁野綾水さん、中山千華さん
おめでとうございます!周さんは薬学研究科の研究室へ、
他の3名はそのまま進学です。研究頑張ってくださいね。


2014/3/24
修了式が行われました。
修士 石田茉利奈さん、梅原平三郎さん、佐々木克さん、長谷川詩歩さん、戚 丹さん
おめでとうございます。皆さまの今後のご活躍を祈念しています


2014/3/15
日本過酸化脂質・抗酸化物質学会(仙台)にて研究発表
「自然酸化や腸内細菌代謝により生成する酸素化脂肪酸の脂質代謝に与える影響」
Nanthirudjanar Tharnath、古元秀洋、朴時範、岸野重信、小川順、平田孝、菅原達也


2014/2/19
平成25年度修士学位論文講演が無事終了しました。
「スフィンゴ脂質の皮膚バリア機能向上作用メカニズムの解明」
石田茉利奈
「血管新生制御作用を有するカロテノイドの探索とその作用機序の解明」
梅原平三郎
「海産軟体動物由来セラミドアミノエチルホスホン酸の消化吸収および食品機能性の評価」
戚 丹
「ヘマトコッカス藻由来アスタキサンチンの摂取による光老化抑制作用」
佐々木克
「消化管ホルモングルカゴン様ペプチド-1分泌に及ぼすスフィンゴ脂質の影響」
長谷川詩歩


2014/2/12
平成25年度課題研究発表が無事終了しました。
「薬剤誘発耳介浮腫モデルマウスを用いた低分子化ヒアルロン酸の抗炎症作用の評価」
周 敬棠
「糖尿病合併症の予防及び改善を目指した海洋生物由来機能性物質の探索」
瀧井靖歩
「小腸上皮細胞におけるPDIA3を介したスフィンゴシンの選択的吸収機構の解明」
丁野綾水
「光老化抑制作用を有する海洋生物カロテノイドの探索」
中山千華


2014/2/1
助教に真鍋祐樹先生が赴任されました


2013/12/14
第4回リン化合物討論会(第31回C-P化合物研究会)にて研究発表
「食品成分としてのセラミドアミノエチルホスホン酸の消化に関する検討」
菅原達也,戚 丹,世古卓也

2013/11/22 
真鍋君の論文がJournal of Oleo Scienceにアクセプトされました。
「Suppressive effects of carotenoids on the antigen-induced degranulation in RBL-2H3 rat basophilic leukemia cells」
Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

2013/11/5-11/9 
International Society for Nutraceuticals and Functional Foods 2013(台湾)にて研究発表
「Novel biological functions of siphonaxanthin from green algae」
Tatsuya Sugawara and Yuki Manabe
「Inhibitory effects of marine-derived carotenoids on mast cell degranulation」
Yuki Manabe, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

2013/10/26
日本栄養・食糧学会第52回近畿支部大会(滋賀)にて研究発表
「セラミドアミノエチルホスホン酸の消化吸収に関する検討」
戚 丹、世古卓也、齋藤洋昭、糸乗 前、菅原達也


2013/10/4
中国から留学生として鄭家聞さんがメンバーに加わりました。


2013/9/24 
博士後期課程学位授与式が行われました。
Nanthirudjanar Tharnathさん、おめでとうございます。

2013/9/3-5
日本油化学会第52回年会
シンポジウム1「医食からセラミドの謎に迫る〜スフィンゴ脂質研究の新展開〜」
菅原達也「食品成分としてのスフィンゴ脂質の消化管吸収機構」

研究発表
「UVA照射ヘアレスマウスに対する食餌性アスタキサンチンの光老化抑制作用」
佐々木克・斉藤仁美・平田 孝・菅原達也
「海洋生物由来カロテノイドが肥満細胞の脂質マイクロドメインに与える影響」
真鍋祐樹・平田 孝・菅原達也

D2の真鍋君が学生奨励賞を受賞!!

2013/9/2
秘書の宮本さんが新たにメンバーに加わりました。よろしくお願いします。

2013/8/28
秘書の江藤さんが退職されました。大変お世話になりました。
元気な赤ちゃんのご誕生を願っています!

2013/8/10
日本栄養・食糧学会誌に総説が掲載されました。
「スフィンゴ脂質の消化と吸収」
菅原達也

2013/8/6
かずさDNA研究所にてセミナー
「海洋生物由来成分の健康機能の評価と機構解明」
菅原達也

2013/7/23
医農連携合同シンポジウムにて講演
「水産物に含まれる食品機能性成分」
菅原達也

2013/6/26
第12回美容・アンチエイジング食品研究会にて講演
「海洋性カロテノイドの抗肥満効果などの機能性について」
菅原達也

2013/5/24-26
67回日本栄養・食糧学会大会(名古屋)にて研究発表

「酸およびアルカリ処理による海洋性カロテノイドの機能性の変化」

藤森 諒、真鍋祐樹、梅原平三郎、菅原達也、平田 孝
「海洋生物由来スフィンゴ脂質セラミドアミノエチルホスホン酸の分析」
世古卓也、戚 丹、菅原達也、平田 孝

2013/5/13
ターナット君の論文がLipids in Health and Diseaseにアクセプトされました。
「Oxidized eicosapentaenoic acids more potently reduce LXR alpha-induced cellular triacylglycerol via suppression of SREBP-1c, PGC-1 beta, and GPA than its intact form」
Tharnath Nanthirudjanar, Hidehiro Furumoto, Takashi Hirata, Tatsuya Sugawara

アメリカ油化学会(モントリオール)にて研究発表
「Oxygenated fatty acids fermented by Lactobacillus plantarum decrease LXRα-induced cellular triacylglycerol in HepG2 cells」
Tharnath Nanthirudjanar, Young-Il Kim, Tsuyoshi Goto, Nobuyuki Takahashi, Teruo Kawada, Si-Bum Park, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Takashi Hirata, and Tatsuya Sugawara

Tharnath Nanthirudjanar君(D3)が学生ポスター賞を受賞!!

2013/4/11
Ganesanの論文がMolecular and Cellular Biochemistryにアクセプトされました。
「Marine algal carotenoids inhibit angiogenesis by down-regulating FGF-2-mediated intracellular signals in vascular endothelial cells」
Ponesakki Ganesan, Kiminori Matsubara, Tatsuya Sugawara, Takashi Hirata

2013/3/28
平成25年度日本水産学会春季大会(品川)にて発表
「マスト細胞の脱顆粒反応に対する海洋生物由来カロテノイドの抑制効果」
真鍋祐樹、菅原達也、平田 孝

2013/3/25-26
日本農芸化学会2013年度大会(仙台)にて発表
「緑藻由来シフォナキサンチンの脂肪細胞分化抑制作用」
李 卓思、藤田絵里子、大久保剛、橋爪 論、菅原達也、平田 孝
「Oxygenated fatty acids produced by Lactobacillus plantarum decrease LXRα-induced SREBP-1c expression resulting in cellular triacylglycerol reduction in HepG2 cells」
Tharnath Nanthirudjanar, Young-Il Kim, Tsuyoshi Goto, Nobuyuki Takahashi, Teruo Kawada, Si-Bum Park, Shigenobu Kishino, Jun Ogawa, Tatsuya Sugawara, Takashi Hirata
「褐藻由来フコキサンチンの線維芽細胞に対する紫外線保護作用」
菅原達也、松尾明香、黒井 梓、矢野紗枝子、松下奈央、山原 年、平田 孝
「血管新生に及ぼすカロテノイドの影響」
梅原平三郎、菅原達也、平田 孝

2013/3/22
研究室の追いコンをしました。
卒業生の皆さん、おめでとうございます。

2013/3/21
日本油化学会の8th J. Oleo Sci. Impact Award(第8回インパクト賞)受賞!
Sugawara, T., K. Aida, J. Duan and T. Hirata: Analysis of Glucosylceramides from Various Sources by Liquid Chromatography-Ion Trap Mass Spectrometry. J. Oleo Sci., 59, 387-394, 2010.

2013/3/10
JSPS二国間共同研究事業でインド食品研究所のバスカラン博士、シャイラジャ博士が来学されました。
3月21日まで滞在され、その間セミナー等により交流をはかります。

2013/3/9
本年3月31日で退官される平田先生の最終講義と退職記念祝賀会が開催されました。
北は北海道から南は九州まではもちろん、中国、アメリカからも多くの卒業生が駆けつけ、大変な盛会となりました。平田先生は、卒業生の一言一言がなつかしまた嬉しく、一生の思い出になったと感激されていました。また、来賓の坂口先生からもお言葉をいただき感謝されております。

2013/2/14
平成24年度課題研究発表が無事終了しました。
「サルコペニアの予防と改善を目指した抗筋萎縮成分の探索」
藤谷直輝
「酸およびアルカリ処理による海洋性カロテノイドの機能性の変化」
藤森 諒
「海洋軟体動物中のセラミドアミノエチルホスホン酸の定量と化学構造解析」
世古卓也

2013/2/5
平成24年度修士学位論文講演が無事終了しました。
「食餌性スフィンゴ脂質の吸収機構」
藤井愛生
「海藻由来カロテノイドの光老化抑制作用」
松尾明香
「糖脂質の免疫調節作用の評価」
村角幸樹
「血漿フェノールオキシダーゼによる凍結解答甲殻類の黒変およびその機構解明」
百次恭佑




農学研究科 海洋生物生産利用学分野

〒606‐8502
京都市左京区北白川追分町農学部総合館5F
TEL 075‐753‐6212